M.S.T.Handmade Lure`s blog

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕上げ

しっかり乾燥させて、アイに付着した塗料やウレタンを取り除きますよ


デザインカッターなどで、ぐるりと切れ目を入れます




ラジペンでグリグリしてやると、切れ目から綺麗に剥がれてきます




綺麗に取れました





ふ~ やっと完成です!!




ちなみに、製作日数はブランクから作ると約10日かかります。

これは1本作っても50本作っても同じです。




しかし・・・ 今まで何本使ったか分からないけど失敗します^^;

「こうやったらいんじゃないか?次からはこうしよう」とか勉強の繰り返しでして

ま~ 失敗は成功の元って言うけれど、正しくその通りですな!




はい、こんな感じでした!!
スポンサーサイト

| M.S.T.@Aiveの工程 | 21:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最終コーティング

目玉の続きです


まずは色止め


薄めたウレタンです



1回目と2回目は、少し距離をとりふわっとのせる程度にして、3回目で艶が出るくらいに。4回目で垂れない程度に厚く吹きます

あとは、しっかり時間を置いて乾燥させます。ここで焦ってドブ漬けしちゃうと、シワシワになっちゃって泣くはめになるから(T_T)

Aiveは、コーティングを厚くする意味で4回吹き付けてますが、3回だけでもしっかり時間を置いた後に、ドブ漬けしてやれば色は流れないですよ



ドブ漬けの前にペーパーで足つけです



ウレタンにドボンします


アイに、ウレタンか溜まって膜ができるんですけど、これを取ります

これをやっておくと、固まったウレタンを一回一回取り除かなくて済むので後が楽です

この、ドブ漬けを上下交互に4回やってますよ

ウレタンの乾燥時間はどれぐらい?って良く聞かれますが、これは、使用するウレタンや粘度、気温・湿度よって左右されますのでなんとも言えません


そんでもって、ドブ漬けすると端にウレタンが、溜まってしまうんですよね

こんな感じに、後ろの方がモコっと


これを

ある程度ペーパー掛けして取り除きます



最期に、エアブラシで垂れない程度に厚く吹き付けます


あとは


乾燥待ちです

前にも書きましたが

ウレタン作業時の温度と湿度は、乾燥時間を左右するので加湿器など、使用して管理します



Aiveは、アルミ貼りなので、コーティングを厚くしてやらないと、すぐに傷が付いてしまうんですよね

なんとも面倒くさい道を選んでしまった訳ですな・・・


ホログラム貼りなら、ここまで厚くしません


ちなみに、この色止めとコーティングだけで5日かかっちゃいます


完成に近づいてきましたよ~と!!

| M.S.T.@Aiveの工程 | 19:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

目玉

製作過程の続きですよ


目玉です!


こんな感じで、ポンチを使いくり抜きます

結構力入りますよ!





大きい方を先に



小さい方を貼り付けて




やっとお魚さんらしくなりました




目玉作りもなかなかキツくて、50本作ろうと思ったら、両目大小合わせて200個も抜かないとならんっていう話で・・・

グローブ履いてやっても200個やると流石に手の平が痛くなったり・・・




ちょっとでも楽したくて、こんなパンチングマシンなんかも購入してみたけど、使ってるうちに縁がボソボソに抜けるようになり、結局は手で一個一個抜いてます。


しかしだ、僕には肘に負担をかけ過ぎると、水が貯まるというやっかいな爆弾を抱えてまして・・・


この作業をヤリすぎると危険なんです(´;ω;`)



何事もやり過ぎ注意ですな・・・

| M.S.T.@Aiveの工程 | 20:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塗装(色塗り)

やっと色塗りです。

せっかくなので、ちと手間の掛かるイワシカラーをモデルで


前回のペーパー掛けからの続きですね →塗装2

先ずは


↑プライマーを薄く吹きつけて、30分ぐらい放置


背中とお腹にシルバーを吹きます


↑鉛丸見えの状態

このままだと、クリア塗料を吹いてもキレイに発色しないってのと、貼りつけたアルミと同調させる意味もあります。
まっ シルバーを吹けばキレイになるよってことです




↑アルミとの切れ目も分からなくなりました



↑横に、クリアブルーにクリアグリーンを少し混ぜたのを吹きます

一気に塗らないで、何回も重ね合わせる感じで吹きますよ



↑背中は、先程の色にブラックを少し混ぜたのを吹きます




↑エラの後と口ばしに、イエローを吹きます



そんでもってアイテム其の壱

イワシといえば、横に有る黒点ですよね!

これは


↑こんなプレートを作っておきます
黒点は、一つ一つわざとに大きさ変えたり楕円にしてますよ。




このテンプレートを、押さえつけるのに

アイテム其の弐


↑ヘアピンです。これに、傷防止とズレ防止の為に、クッションテープを貼っときます!


これを


↑こんな感じで、挟み込みます

あとは

プシューっと


↑黒を吹きます



めんどくさいことに、Aiveにはエラがあるので


↑赤を塗ります

これ、マニュキュアの筆なんだけど中身はマニュキュアじゃないですよ

このとき、疲れてると手がプルプルして失敗するときもあったり・・・
ま~ 泣くしかないって感じ(´;ω;`)ウッ…





ふ~ そんなこんなで完成です!!


イワシも手間かかるけど、まだまだメンドクサイカラーもあったりね^^;



こんな感じです

| M.S.T.@Aiveの工程 | 00:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塗装2

塗装の続きですよ♪


ウレタンコーティングして、せっかくピカピカになったのを、惜しげもなくペーパー掛け(足付け)します



↑ 先ずは上と下を800番でペーパー掛けです

この作業で、完全に段差をなくしちゃいます!見た目では段差が無いように見えるんですけどね

ペーパー掛けしてやると、段差の凹んでるところに傷が付かないので隠れ段差が分かるってことです




お次は横面も軽くペーパー掛け(足付け)です



↑ こちらは1500番ぐらい


ちなみに、下の赤いのはエプロンです!せっかくここまで出来たのに、手が滑って落としてもダメージがないようにしてるんですよ~

Aiveさんを大切に扱ってるのです♡





↑ ピカピカだったのが無残です( TДT)

ペーパー掛けして白くなってる所は、色塗ってコーティングすればきれいになります




はい!色を塗る前の準備は完璧です(^^)v


ここまでやればセロハンテープでピリッてやっても塗装は剥がれません♪









これね、自分で使うのだったら、キレイに段差消したり足付けなんてやらないんだけどな~

だって、ぶっちゃけめんどくさいもん^^;

| M.S.T.@Aiveの工程 | 13:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。