M.S.T.Handmade Lure`s blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホロカヤントーワカサギ釣り

30日

Kさん親子とホロカヤントーへワカサギ釣りです。
ホロカヤントー近くになって、急に話さなくなったKさんがボソッと『サシ忘れた』と (笑)
しかしマルキューさんの紅雪Ⅱがあると言うので、今日はこれでやってみます。

いちょ~管理人さんに、エサなんてありますか?と聞きましたが『無いぞ』(;・∀・)


最初のポイントでは反応が悪く、対岸まで異動し9時頃に開始です。


水深は2.4mぐらい。浅いので巻き取りスピードは1です。



初『紅雪Ⅱ』です!
普通に釣れました。しかしアタリはあるけど掛からないのが続きます… 平均サイズだと釣れるんですけどね。
きっと当歳魚サイズで、食い込めないんだろうなと…

たまたま私達のテントへ、釣果を聞きにきた方に『すいませんエサって余分にないですか?』と聞いてみると『あるよ』と!!

その方のテントまで一緒に行き、エサ代を払おうと思ったら…
『実は私も電動ドリルのバッテリーを忘れて、隣の方にドリル借りたんだよ。困ったときはお互い様だからお金はいらないよ』と。素晴らしい方に出逢えました!

本当にありがとうございました。


11時頃から、サシを半分に切って(小さいワカサギ対策)やりはじめます。
このときの釣果は30匹程。


生エサってスゲー釣れるのね。
しかし、こんなちっさいのがツンツンしてるから紅雪Ⅱだと厳しかったのか…
だけど、今日のような非常事態を考え、紅雪Ⅱはタックルボックスに忍ばせておけば心強い!!



このサイズが釣れるとデカイなーと思うぐらい。

仕掛けが落ちていかないと思いきや、水面直下の浮いているワカサギが、入れ食いになったり!エサに食い付く所が見えるから面白い(^^)



200匹になった所でやめました。時間は15:00頃



今日の穂先は、 アタリの振れ幅が大きく繊細な『21SS-R』
深さがあまりなくシンカーも軽めで、魚体が小さくアタリが繊細、人数も多くテント内を広く使いたい場合には最良の穂先かな。
シンカーはTGR2.5gからはじめてみたけど、当歳魚が釣れるので、21SS-Rの感度を最大限に生かす為に1gを。


仕掛け『クリスティア快適ワカサギ仕掛けSS キープ1号』 全体的にサイズが小さいのでキープよりも、懐が狭くて吸い込みやすいマルチの方がいいのかな。
電動リールのCR-PTは、1グラムのシンカーでもストレスなく落ちていきます!


Kさんの息子さん、小学生ですがすでに電動リールを使いこなし、ベテランの風格です(σ≧▽≦)σ


スポンサーサイト

| ワカサギ釣り | 23:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT